検索
  • キンビーズ応援団(Cybozu)

「kintone に携わるエンジニアがもっと開発をしやすくなるように」高い技術力を持つ初代kintoneエバンジェリスト

最終更新: 7月21日

トヨクモ株式会社

落合 雄一さん





kintone を中心とした連携サービスや、クラウドサービスの開発・提供を行っているトヨクモ株式会社。同社が旧社名:サイボウズスタートアップス株式会社としてサイボウズの子会社だった頃からその一員として手腕を発揮していた、エンジニアの落合さん。落合さんはkintoneとの関わりも10年近くにわたり、kintoneエバンジェリスト制度ができた当初からエバンジェリストとして活躍しています。

今回はそんな落合さんに、kintoneの魅力やご自身の想いなどをうかがいました。



フォームクリエイター(現:フォームブリッジ)の開発をきっかけにkintoneを触りはじめる


kintone連携サービスの中でも特に利用ユーザーが多い「フォームブリッジ」。その前身となる「フォームクリエイター」の開発をきっかけに、落合さんは初めてkintoneを知ったそうです。


「当初、kintoneはあくまでフォームクリエイターのデータを投げる先のデータベースという認識で、ほとんどAPIばかり触っており、標準機能についてはよく知らない状態でした。会社のメンバーが増えるにつれて社内の情報共有ツールが必要になり、あるタイミングで社内のシステムをkintoneに切り替えることになりました。そこで初めて社員のみんなでkintoneを勉強し直しました」


当時はkintoneのAPIも足りない部分もあり、開発者としては不満を感じることが多かったそうですが、kintoneのいち利用者としての立場に立った時にその見方が大きく変わったそうです。


「その頃は会社を急成長させていくため、業務をどんどん改善していかなければならないという考えがありました。そのためにはシステムに業務を合わせるのでは立ち行かなくなってしまう。その点、kintoneは60点〜80点程度のクオリティを維持したまま、業務に合わせて自由に作り変えられるサービスです。これは実際に利用者として使ってみて、素晴らしい点だと身をもって感じました」


その言葉通り、サイボウズスタートアップスではどんどん新たなkintone連携サービスがリリースされ、急速に事業を拡大していきます。社員数も増え、社内の情報共有にkintoneは欠かせない存在になりました。


サイボウズメンバーからの誘いで、kintoneエバンジェリスト初期メンバーに


「2014年、kintoneエバンジェリスト制度の発足と同時に、弊社のメンバーにもエバンジェリストになりませんか?とスカウトの声が掛かりました。弊社のうちkintoneに詳しいエンジニアの2名が、kintoneエバンジェリストの初期メンバーとして加わることになりました。そのうちの1名が私です」


2014年の制度発足時からエバンジェリストとしてkintoneを支え続ける落合さん。当時は、サイボウズの技術者向けコミュニティ「cybozu developer network」もまだ開設したばかりだったため、主にdeveloper networkへの記事投稿や、質問への回答に携わっていました。


「当時はkintoneに関する質問が投稿された瞬間、かなりスピーディーに回答をしていました。kintone自体もまだ今ほど知名度が無かったので、とにかくkintoneが盛り上がると良いなと。弊社ではkintoneの連携サービスが主力事業だったという理由もありますが、やはりkintone全体がもっと盛り上がって欲しいという想いはありましたね」


また、もともと技術者目線ではkintoneに魅力を感じられなかったと語る落合さんですが、今では「もし友達が起業すると言ったら、まず真っ先にkintoneをすすめます」とおっしゃってくださるほど、kintoneの魅力を感じてくださっているようです。


kintoneのAPIに興味がある人は、どんどん質問してほしい!


現在は本業の傍ら「Github」でkintone API のHTTPクライアント(ochi51/cybozu-http)を公開している落合さん。kintoneに関してこういった活動をしているエンジニアは希少で、その活動の裏にはkintoneのエコシステムに対する共感がありました。


「APIを使う上でよくある使い方や組み合わせで実現する機能をどんどん共有していきたいと思います。自社の事業と被るからという視点ではなく、皆が必要として開発するような機能はどんどん技術を公開して共有していきたいなと思っています。それがゆくゆくはkintoneのエコシステム拡大に繋がっていくと考えていますし、もしも分からないことがあればどんどん質問してもらって構わないです。「Github」での質問は随時受け付けていますので、ぜひ気軽に声をかけてくださいね」


最後に、今後のkintoneに関するお話をお伺いしました。


「kintoneに対しては、今後もっとさまざまなAPIが実装されて欲しいなと思います。API

があるとそこから組み合わせでアイデアが生まれることがありますが、そもそもAPIが存在しないとアイデアすら生まれない。kintoneはまだまだ伸び代があると感じているからこそ、今後さらなるAPIの実装に期待したいですね」


高い技術力を持つ落合さんだからこそ語れるお話をたくさん聞かせていただきました。どうもありがとうございました!

19回の閲覧